オリジナルの紙袋で結婚式を盛り上げよう

2019.05.15

結婚式でステキな紙袋を

結婚式は、誰にとっても大切で一生の思い出になるものです。どんな会場で行うか誰を呼ぶかはもちろん、式の細部にもこだわりたい、という人が多いことでしょう。 結婚式の時、招待ゲストに渡す引き出物や記念品などを決める時は特に気を使います。持って帰ってもらうものは後々まで思い出となるので、気持ちのこもった、みなが喜ぶものにしたいものです。ゲストへの感謝をこめて、持って帰ってもらう紙袋もこだわりたい、という人もいます。 記念品にもよりますが、食器など少し重いものを入れるのであれば、丈夫で厚めの紙袋を選ぶ必要があります。かさばるものを入れるのであれば、マチが広く、底部分の厚みがしっかりあるものを選ぶといいでしょう。引き出物のカタログやちょっとしたものを入れるのであれば、重量を考えずオシャレで見栄えのよい、小さめの袋が適しています。遠方から来る人が多いか少ないか、それぞれにどんな記念品を渡すかによって、色々な選択肢があります。 プレゼントに合わせて袋の色をそろえるのもオシャレです。ステキな袋の中に記念品が入っていたら開ける時の期待もふくらみます。招待する人が多いなら、袋にもこだわってオリジナルを作成するという方法もあります。結婚式の日時をプリントしたり、記念品を入れるための特別な大きさの袋を作ったりするのも楽しい作業です。

紙袋の種類

紙袋は印刷もしやすく、幅広い種類があります。そのため自分が望むものをチョイスすることができます。特に結婚式などで使うものは見た目が重要ですので、華やかで重厚感ある光沢紙が使われることが多いです。紙の表面にラミネート加工を施し、光沢を出します。印刷もはっきり、くっきり表現できるので、高級感のある紙袋に仕上がります。コート紙にカラーのフィルムを貼り合わせると、自分たちが思う通りのカラフルな袋が完成します。 紙袋を作成する時、取っ手部分も大切なポイントとなります。強度に重きをおいているものやオシャレで高級感を出したいもの、利便性が高いものと色々な種類があります。すぐに思い浮かぶのは、強度が強く丈夫なヒモタイプのものです。袋の中でも多く流通しているので、よく見かけることでしょう。ポリプロピレンで作られたヒモや、アクリル製のヒモもあります。ほとんどは半透明や白色のものです。ポリプロピレンのものは硬めの素材で、厚い本や重いものもしっかり支えてくれます。アクリル製のものは柔らかく、持っても手が疲れない素材です。染色しやすいため、カラータイプのものにピッタリです。袋の色とヒモの色を同じにして、オシャレな雰囲気を演出するものも多いです。 プラスチック製の取っ手は、袋の入れ口をしっかり閉じることができるため、持ち運びに便利です。強度よりも見た目や華やかな雰囲気を大切にしたいなら、リボン風の持ち手があります。あまり重くないプレゼントを入れるのに適しています。女性に人気で、結婚式などドレスアップした洋服にもピッタリです。

オリジナル紙袋の注文

オリジナルのものを作りたい場合、まず大きさを選びます。袋の高さ、幅とマチを決めます。既存のものの中から選ぶこともできますし、オリジナルの大きさを決めることも可能です。記念品がちょうど入るように計算して決めていきます。 次に紙の種類と厚さを決めます。厚さはお店によって様々ですが、重量であらわしているところが多いです。どれくらいの厚みがあれば、どのくらいの強度があるか分からない場合は、問い合わせることで解決します。そして袋の取っ手部分の種類を選びます。 あとはカラーを使うかどうか、ロゴや写真や日付など、プリントしたいものがあるかどうか、印刷のオプションが必要かどうかなど選んでいきます。デザインやロゴがある場合は、データを制作会社に送付する必要があります。ここまでの情報で、大体の納期や見積もりが出てくることでしょう。 結婚式など、大切な記念日に使う紙袋を制作するなら事前にどんな仕上がりになるか、チェックしたい人がほとんどでしょう。試作品を作ってくれるところも多いので、制作前に確認することができます。試作品は有料のところと無料のところがあります。一度実物をチェックできるなら、写真だけでは分からない手触りや質感をチェックできます。 実際に発注する際には、制作後の送付方法も含めて何日かかるか確認します。工場で製作が完了し、発送してからの日数は意外と忘れがちなので、細かくホームページの発送に関するページを見ておきましょう。発注時の数量によって納期も変わってきます。記念日に十分間に合うように、余裕をもって発注することがポイントです。ほとんどの制作会社でホームページがあり、ネット注文もできるようになっています。お客様の声や、よくある質問といったページから、実際の注文を行った際の感想や、納期に関する疑問をチェックしておくことができます。

 

オリジナル紙袋を作成するなら紙袋.comにご相談ください。