お洒落で機能的、小さな小物から大きな荷物まで紙袋は万能

2019.05.15

おしゃれで機能的な紙袋

街に出ると時々小さなバッグに合わせて紙袋を一緒に持って歩いている女性たちを見かけます。彼女たちの紙袋はさまざまなブランドのロゴが付けいていたり、キラキラ光るロゴ入りだったりとてもおしゃれです。デザインも普通のバッグに負けず劣らず、持っているだけで気分が上がるようなすてきなデザインです。紙のバッグは手軽に持ち歩け、サッと出し入れがしやすいなど使い勝手が良いことが一番の人気の理由でしょう。 大きな布などのバッグはかさばり、持ち運びに重くて不便なことがありますが、紙袋なら用事が済めば小さく折りたたんで持ち運びにもスペースを取りません。また軽いので気軽に2、3個カバンの中に忍ばせておくこともできます。昨今では雑貨屋さんなどに行くとビニール製の袋ではなくて紙袋に入れてくれる店舗も多く、質感、触感とも温かみがあり独特の風合いで商品をより引き立たせてくれます。 紙の袋は以外と丈夫なので少し重さのある荷物を運ぶ時にも重宝します。厚手の素材を使ったしっかりとした紙袋は本など少し重さのあるものでも運ぶことができます。またお菓子などの食品を入れる時にも紙袋に入れてくれることがありますが、通気性に優れていて持ち運びも楽です。なによりビニール製の袋よりも食品のおいしさや手作り感などを際立たせてくれます。一見素朴な感じがしますが、デザインや素材によってスタイリッシュにも豪華にも変身させることができます。便利で機能的、そしていろいろなイメージを表現できる万能アイテムなのです。

どんな場面で活躍するか

紙袋は便利で機能的な特徴をいかしてさまざまな用途で使われます。一番使われるのはやはりアパレルショップや雑貨店などのお店で、商品を入れる袋として利用されます。アクセサリーや小さな雑貨など商品を保護する目的で使われる場合は、持ち手のない薄手のものに入れてくれますし、洋服や大きな雑貨など商品を運ぶために使われる場合は、持ち手付きでしっかりした厚手のショッピングバッグに入れてくれます。昨今の紙袋は丈夫で水に濡れても強度があるものも多く、雨の日でも使用できるものがあります。 デザインが個性的で持っているだけでスタイリッシュ、ファッションの一部になりそうなおしゃれなものはショップの宣伝にもなります。ショップのロゴが入ったおしゃれな紙袋をお客さんが持って歩いてくれるだけで人目を引き、商品よりもその袋が欲しいのでそのショップの商品を買う場合もあります。 また紙袋はプレゼントする時には欠かせません。プレゼントする場合は贈り物を入れたり運んだりする入れ物が必要ですが、そんな時にも最適です。高級感があり独特の風合いを持つ紙の袋は、プレゼントをよりすてきに演出する欠かせないアイテムでしょう。ショップなどのおしゃれなものは外で持ち運びするためだけに活躍するのではありません。家の中でもインテリアとして使われることもあります。丈夫で、しかもおしゃれなので、そのまま部屋の中に置いておくだけでインテリアの一部となりますし、洋服や細かい雑貨などを入れて見せる収納に使っている人もいます。リサイクルもできますので環境に優しいエコな素材とも言えます。

紙袋に関する豆知識

紙袋は紙質や色など用途やデザインに合わせていろいろ選ぶことができます。製造は手加工がメインですので、機械では対応できない紙質や厚紙も使用することが可能です。イメージを決める大切な要素にいろいろな紙の素材や加工の仕方があります。 よく使われる紙の種類は主に3種類あります。紙の表面にラミネート加工を施した素材は高級感があり、印刷などが美しく映えます。キラキラ光る箔押しや、名入れと共に加工されることが多く、アパレルショップやブライダル関連でよく用いられます。 お菓子などのお持ち帰り用のショッピングバッグとして用いられるのは、表面にラミネート加工を施していない素朴な感じの紙です。ラミネート加工のものと違い、触感は少しざらざらしていたり独特の風合いがあります。カラー用紙も使われます。シンプルな白や茶色などの紙の質感をいかした素朴な袋もすてきですが、カラー用紙はいろいろな色があり、イメージやデザインに合わせて選ぶことができます。 持ち手の部分は、ハンドルといい豊富な素材があります。ハンドルが変われば、紙袋のイメージも大きく変わりますので製作する際には外せない重要な部分です。プラスチック製の持ち手は取っ手の下の部分に凹凸があり、かみ合わせて袋の口を閉じることができます。プラスチックは強度にも優れているので重さのある荷物を入れる袋として最適です。アクリル製の紐を使った持ち手は一般的な紙袋によく使用されています。柔らかいので持つ時に手が痛くなりません。高級感も演出することができますのでブランドのショップなどに最適です。また紐を付けず、持ち手部分をくり抜くタイプもあります。パンフレットや書類、軽い小物を入れるのに適しています。このようにさまざまなタイプがあり、用途によって使い分けることができるのも魅力の一つです。

 

おしゃれなオリジナル紙袋を作成するなら紙袋.comいご相談ください。