ロゴ印刷の紙袋について

2019.05.15

ロゴ印刷紙袋の作り方

紙袋が必要な際に既製品を利用している人は多いでしょう。しかし、オリジナルであっても手軽に作る方法があります。それはロゴだけを印刷した紙袋を専門業者に発注することです。フルオーダーほどこだわらなくてもいいという場合には納期も短くて済み、比較的小ロットからの注文も受け付けてもらえる傾向にあるため便利です。 ロゴ印刷で作成をする場合、両面に印刷する方法と片面だけ印刷する方法があります。印刷はロゴデータから金型を作成し、箔押しをするという方法で行われます。箔押しとは金や銀などの薄い箔を使って加工をする方法で、金や銀を使うことで通常の印刷と比べて高級感が増します。無地の状態の商品が常備されており、注文に合わせて箔押しの作業が開始されるため、素早い納品が可能となっています。本体のカラーとサイズはフルオーダーではない場合選択式になります。用途にあったサイズと好みのカラーを選択肢の中から選びましょう。 もしも箔押しでなくフルカラーなどでロゴやその他の印刷を望んでいたり、持ち手や形状などにこだわりがある場合は、フルオーダーの紙袋を制作することも可能です。その場合は依頼できる最小のロット数が増えたり、データ入稿に関してより細かい注意事項があったりするので、よく確認をする必要があります。

ロゴ印刷紙袋を作る際のこだわり

ロゴ印刷紙袋を作る際にこだわっておくと良いポイントはいくつかあります。まずはデザインに関してです。フルオーダーではなくロゴだけを印刷する場合でも、データは自分で作成することができます。ただし箔押し加工になるため大きなロゴを使おうとすると金額が高くなってしまう傾向にあります。デザインにこだわることも大切ですが、予算との相談も必要です。個人作成で特にロゴを持っていないなど、デザインを考えるのが難しいという場合にはイラスト素材とフォントを組み合わせる方法も利用できます。フォントは高級感があるもの、ポップなものなどさまざまですからよく選ぶ必要があります。 次にサイズへのこだわりです。サイズは第一に考えたいこととも言われるくらい大切な要素です。入れようとしている物にぴったりのサイズであることが一番ですが、フルオーダーではない場合は難しいことも多くなります。商品に対して小さすぎると入りきりませんし、大きすぎるのも不都合がありますからなるべく近いサイズを選ぶ方が良いでしょう。入れる対象が複数あり大きさがばらばらの場合には一番大きなものに合わせる方法か、あるいは複数の紙袋を用意する方法をとります。 カラーも選択できるため熟考しましょう。箔押ししたロゴの周囲を飾る本体カラーは、周囲から見られた時の宣伝効果に影響します。目立たせるためにわざと派手なカラーを選ぶということもできますが、不快感を与えることもあるため、景観を乱さないようなおとなしいカラーが選ばれやすくなっています。持ち歩きにくいカラーはかえって宣伝効果を無くしてしまう恐れもあるので注意をするようにしましょう。

ロゴ印刷紙袋がもたらすメリット

ロゴ印刷を施した紙袋がもたらすメリットは、主に宣伝効果です。紙袋はそれを受け取った人や商品を買った人がそのまま持ち歩くことを前提に作られています。ロゴが印字されていればその人が歩く間広告塔としての役割を果たしてくれます。また、物を入れて運びやすいという利点があるため友人や知人に物を渡す時にも使われます。もしも使いまわしてもらえれば何度でも宣伝効果を発揮します。 単に会社や商品名をアピールできるだけではないのが紙袋の宣伝効果のポイントです。紙袋は企業が配るノベルティなどと違い、他の人が持ち歩いてくれるという点で優れています。例えばセンスのいい人がとあるデザインの袋を下げていたとなると、その袋の会社はセンスのいい人が利用しているところという認識を持たれます。つまり持ち歩く人に広告の役割を担ってもらうことができます。友人や知人に渡すことにもよく使われるため、知り合いが使っている身近な企業としてイメージを与えられる効果もあります。 他にも大きな紙袋を準備することで親切な企業や店舗というイメージを与えることもできます。大きな袋にかさばる他の荷物をまとめられるというサービスが提供できるからです。サービスを受けた顧客は宣伝に積極的になってくれる可能性が高まります。競合他社の荷物をまとめることでそちらの宣伝効果を打ち消すという作用も期待できるでしょう。自社広告を打ち出すと共に他社の宣伝効果を弱める一石二鳥の働きができるのは大きなメリットになり得ます。 宣伝効果に関わり、企業イメージを変える際にも紙袋は使われます。広告塔とも言える物のデザインを変更することで、新たな企業のイメージを知らしめることができるのです。ブランドカラーの変更があった場合にも、紙袋のカラーを変えることで顧客の潜在意識に働きかけることができるようになるでしょう。

 

ロゴ入りのオリジナル紙袋をお求めの方は紙袋.comにご相談ください