結婚式にも使われるクオリティの高い紙袋製作を低価格でご提供!

紙袋に関する知識、お届けします。

紙袋豆知識

紙袋豆知識の画像
2017.06.06

今回は印刷より手軽、小ロットに最適な箔押し加工(印刷)のお話です

加工

大至急作りたい「イベントバッグ」、安く作りたい「オーダーメイドバッグ」、こだわって作りたい「フルオーダーバッグ」の名入れ等に使う 「箔押し加工(印刷)」についてです。

お客様からのご質問で

「箔押加工(印刷)するとどうなりますか?」

とお問合せがあります。

一般に街でよく見かけるのは、白またはカラーの紙袋にロゴだけの金箔、銀箔の箔押しが多いと思います。

箔押しとは文字や模様の型を作り紙やクロスに金泊や色箔などを熱と圧によって熱圧着させる加工です。

紙袋のデザインがロゴだけのデザインの場合もロゴを1色で印刷するより箔押し加工するだけで「上質なクオリティ感」「スペシャル感」が 格段に演出されます。
箔押しには素材を問わない柔軟性もあり手軽に高級感を醸し出すことができます。
オフセット印刷にも問題なく簡単に押すことができます。
その反面、グラデーションの表現や写真を表現することはできません。
デザイン内容によっては箔押しだけでは表現できない場合や押せない場所があったりします。
また、サイズ(面積)によって12x6cmは型代4,000円、それ以上は別料金となりますのでお気軽にお問い合わせご相談ください。

    紙袋.comでは
  • ・赤金ツヤあり/なし
  • ・青金ツヤあり/なし
  • ・銀ツヤあり/なし
  • ・黒つやあり
  • ・メタリックレッド
  • ・メタリックブルー
  • ・メタリックグリーン
  • ・ホワイト
  • ・パール
  • ・ホログラム

箔押の種類を13アイテムと豊富にご用意しております。
箔押加工は印刷より手軽にまた、小ロットにも最適ですのでお勧めです。
是非ともご活用くださいませ。



前回のFONT(書体)の続きです。
新しくロゴや名入れ、メッセージ、キャッチフレーズ等をデザインされる時文字を並べるだけでは変化に乏しい場合があります。
「リガチャー(合字)」「スワッシュ字形」を使うのも一つの方法です。
「リガチャー」とは2つ以上の文字を1つの文字に合体させたもので合字といいます。
「スワッシュ字形」とはスクリプト系書体などのクルクルとした字形をいいます。
組み合わせることで文字の並びに装飾的な変化を加えることができ「エレガントなイメージ」、「ラグジュアリーなイメージ」「かわいいイメージ」など 演出することができます。

スクリプト系書体で作成したロゴ、名入れ、メッセージをオリジナルな紙袋に箔押し加工(印刷)で表現する一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

梅雨に入りアジサイがそろそろ色づいてきております。
文字を楽しむ様に梅雨も楽しみたいですね。

豆知識一覧に戻る