結婚式にも使われるクオリティの高い紙袋製作を低価格でご提供!

紙袋に関する知識、お届けします。

紙袋豆知識

紙袋豆知識の画像
2017.09.26

オリジナルの紙袋を作成して、名入れをしてもらおう!

オリジナルの紙袋を作成しよう

 

結婚式での引き出物を入れるものや、会社の歓送迎会、プレゼントを贈る際など、様々な場面で私たちは紙袋を利用します。

購入した店舗で入れてもらえるものや結婚式場で用意されるものをそのまま利用している方も多いです。

しかし、せっかくの機会だからと自分たちの名入れをしているものや、グループや団体名、記念日等が書かれているオリジナルのものを用意できたら相手の喜びもひとしおとなり、サプライズに活用できたりもします。

 

このようなオリジナルの紙袋というのは最近ではかなり簡単に作成することができるようになっています。

自分たちで自作するのも楽しいですが、どうしても家庭用のプリンターでは印刷できる用紙のサイズもインクジェットゆえのにじみやかすれというものが出てしまいます。

そこで、プロに依頼をして作成してもらうという方法をとる人が増えているのです。

 

また、業者に依頼をするということにかなり抵抗に感じる人もいるものです。

やはり料金がかかりますから、費用の面での不安は大きなものとなります。

しかしながら、かなりリーズナブルに作ることができるお店も増えていますから、せっかくの記念に何かしようと思っている人は紙袋の作成についても視野に入れてみるのがオススメです。

 

特に名入れは、いろいろな場面での活用ができます。

引き出物や出産の内祝いの時に自分たちの名前や子供の名前を名入れしたもので引き出物や内祝いを入れて贈るというのは記念に残るものです。

ちょっとしたことですが、この一つの工夫だけで他の人とは違ったオリジナリティーのある引き出物や内祝いにすることができます。

これは誕生日プレゼントや異動する人への記念品、退職時のプレゼントなどといった場面でも同じです。

自分の名前や会社のロゴなどが入ったものでラッピングされているとプレゼントにも特別感が出てさらに喜んでもらうことができるのです。

 

 

 

インターネットで紙袋を作成する不安

 

オリジナルの紙袋を作成してもらう際には、専門店に問い合わせをして作成の依頼をしていきます。

身近に実店舗がある場合にはそこで依頼をするのも一つですが、最近は多くの人がインターネット店舗を利用しています。

インターネット店舗の方がリーズナブルに作成してもらうことができたり小ロットの対応をしてもらえたりと融通がきくことが多いためです。

 

インターネットでの依頼をすると、自分の思い通りのものが出来上がるのかという不安や、相談に乗ってもらえるのかという不安があります。

しかし、見積もりや急いでの作成依頼、デザインの不明点、名入れの可否といったことも相談をすればきちんと返答をしてもらえます。

インターネットでのやり取りで不安であれば電話での問い合わせを受けてもらえることもありますから、安心して問い合わせをしてみましょう。

 

問い合わせや見積もり依頼をしなければ話は先に進みません。

ここで問い合わせをしてみて対応が悪いと感じたり、思っているよりも費用が嵩んだり、作成できるデザインに限りがあったりすれば、他の店舗にも相談をしてみましょう。

複数のお店に見積もりを依頼することで、相場も理解できますし、デザインとして可能なものなのかどうかということが総合的に判断することができます。

比較検討すれば、インターネット店舗への依頼であっても安心して利用しやすくなるのです。

 

また、もしも問い合わせだけでは不安という場合には口コミを確認することも合わせて行いましょう。

口コミであれば実際に利用した人たちが書いているものであるため、良いことも悪いことも書かれています。そのため、判断材料としてはとても有効です。

 

 

 

紙袋が届くまで

 

インターネット店舗への依頼を決めたら本格的な作成へと進んでいきます。

作成をするにあたってはデザインでの不明点や作成と到着までの期間、名入れ等いろいろなことに相談に乗ってもらうことが可能です。

特別に何かこだわりたいポイントがあるようであれば必ず最初に伝えてそれが可能かどうかを確認してから発注をします。

デザインについてもある程度決まっていればそれをいれてほしいということ、どのようなレイアウトやインクや装飾で入れたいのかということもしっかりと伝えていきます。

特殊な加工をしたいと思っていれば、そのような加工に対応できるかも確認しておきましょう。

 

依頼した内容での加工が可能であること、予算もクリアしているとなれば作成を依頼して手元に到着するのを待つこととなります。

この時、到着までの期間を急いでいるという場合にはそれを伝えれば希望日までの納品に対応してもらえることもあります。

ただし、スピード印刷をどこのお店でもサービスとして行なっているわけではありません。

お店によっては有料となることもありますし、予約状況や加工内容によっては受けてもらえないこともありますから、必ずはじめに納期については相談をしましょう。

 

料金の支払い方法もお店によって違ってきます。

データが出来上がった段階でカードでの支払いをするというケースもあれば、銀行振込や払込票での対応となることもあり、支払い方法を選択できるという場合もあります。

会社や団体での作成となれば、領収書の必要性やカード払いの可否というのも違ってくるものです。

そこで、支払い方法も事前に選択が可能であるか確認しておく方が無難です。

豆知識一覧に戻る