ウェディングにも使われるクオリティの高い紙袋製作を低価格でご提供

紙袋に関する知識、お届けします。

紙袋豆知識

紙袋豆知識の画像
2017.09.26

オリジナル紙袋を製作しましょう

紙袋を製作するには

 

買い物や結婚式で引き出物を入れたり、ショップで購入した品物を入れてもらう時に紙袋が利用されます。

これはポリ材質でできたビニルのレジ袋と異なり、デザインが綺麗なものが多く、アフターユースにも適しています。

 

紙袋を作るには製作専門業者に依頼します。

業者により袋の形態や仕様は様々です。大きく分けてレギュラー品とオリジナル品とがあり、ここではその違いについて説明します。

 

レギュラー品は業者によっては短納期で、安く早く紙袋を作りたいという場合に適したものです。

あまり費用をかけずに作りたい人には最小ロット100枚から対応ができ、大きなサイズのものでも200円以下で製作してくれるところもあります。

小さいサイズのものを数多く作ると100円以下でできる場合もあるのでコスト重視ではこの方法が最適です。

急なイベントが生じた時などに短納期で作りたいという時は、最短で10日でできる場合もあります。

 

一般的な紙袋でも紙の種類、サイズ・色・取っ手・箔押し印刷の有無など要望に応じて色々な組み合わせで作成することができます。

ウェディング用には紙の表面にラミネート加工処理をして高級感を出した物が多く、さらに箔押しや名入れをしてオリジナル感を出したりすることもできます。

せっかく作るならお店専用のオリジナル品を作る方がメリットを出せるでしょう。

 

 

 

オリジナル紙袋の良い点とは

 

オリジナルの紙袋のメリットはまず自分のお店のオリジナルのデザインで作成が可能なことです。

無地の素っ気ない紙袋よりも個性的なデザインを製作することができます。

そしてそこにロゴや店名を印刷することでオリジナル性を一層引き立たせます。百貨店や専門店の紙袋は一目見ただけで誰でも分かるほどです。

何年も飽きられずにずっと使われ続けるような人々の印象に残るデザインが重要となってきます。

 

自分のお店で商品を購入されたお客様がオリジナルデザインの紙袋を持ち歩くだけで宣伝になります。ショップや会社のロゴや店名を大きく宣伝するチャンスです。

もしそのお客様が紙袋のデザインを気に入って日常生活で利用してくれるとさらなる宣伝効果が見込めます。

自社のロゴや名前の入った紙袋を群衆の中で持ち歩くので最高の広告と言えるでしょう。

少しでも人目に付き、さりげないくオシャレに見えるデザインを考案してみましょう。

 

 

 

 

オリジナルの紙袋製作を依頼するには

 

オリジナル紙袋を作るには専門業者に発注しますが、最近ではネット注文に対応しているので、遠隔地からの発注も可能です。

発注するにあたってまず第一に考慮すべき点は予算です。紙の種類やサイズなどによって価格が大きく変動しますが、さらに印刷や加工の有無などによって大きく変わります。

発注数量でも単価が大きく変わるのでじっくり考えて行動に移りましょう。

 

予算を決めたら業者に連絡します。オーダーに際しては紙の種類・紙の厚さ・袋のサイズ・印刷枚数・取っ手の種類、その他オプションを連絡します。

紙の種類は数種類用意されていますが、指定の紙でも対応してくれるケースもあるので確認しましょう。

紙の厚さは高級感を出したい時は厚いものを選択します。袋のサイズについては十数種類ほどありますが、依頼時に要望すれば希望のサイズでも対応してくれます。

ハンドルの種類も通常の平紐、捩れたタイプのスピンドルやおしゃれなリボンなど数種類用意されています。

その他オプションとして取っ手固定部のハトメや文字の浮き出し、高級感あふれる箔押しなど用意されているので予算範囲内で個性のあるオリジナリティーにあふれたものを作ってみましょう。

 

通常では業者の指定した注文フォームに所定事項を記入して送付した後、詳しい打ち合わせを行ってから見積もりと納期が回答されます。

サンプルも作成することができるので最終形状見本を実際に確認することができます。

豆知識一覧に戻る