結婚式にも使われるクオリティの高い紙袋製作を低価格でご提供!

紙袋に関する知識、お届けします。

紙袋豆知識

紙袋豆知識の画像
2017.09.26

オリジナルの紙袋を通販で手軽に注文する

通販でも紙袋を注文できる

 

商品を販売する時は、商品の素材や機能などだけではなく、購入者が家に持って帰るまでのことも考える必要があります。

いくら良い商品でも、品物を入れる紙袋などのデザインが良くないと、継続して商品を買ってもらえません。

経費を削減するために、出来合いの紙袋やビニール袋などを利用するケースが目立ちますが、購入者の満足度を向上させるためには、オリジナルの袋を用意する必要があります。

 

オリジナルの紙袋を作る方法はいくつかありますが、最も手軽なのが通販による方法です。

通販ならばお互いのオフィスを行き来したり、時間を合わせて打ち合わせをしたりする必要はありません。

袋の大きさや形状などは、制作業者のWEB上にある専用フォームなどから指定できますし、独自のデザインを使いたい場合は、市販のグラフィックソフトなどで作ったデータを渡せば、希望するデザインの袋が作れます。

 

袋のことがよく分からなかったり、より詳しい注文方法などが知りたかったりする時も、気軽に相談に乗ってくれるので、通販だからと心配することはありません。

詳しい説明や打ち合わせをしながら袋を作っていくこともできますし、デザインや素材を確認しながら内容を決めていくので、考えていたのとは違う袋が出来上がる可能性は低くなっています。

 

もし万全を期すのであれば、試作品を作ってもらうこともできます。

袋制作におけるやりとりのメールなどは、後で見返すことができるので、発注数やデザインなどの間違いが起こりにくいのもメリットです。

インターネットに接続しているパソコンがあれば、いつでもどこでもオリジナルの袋を発注できるのが、通信販売の良さです。

 

 

 

紙の袋の材料を理解しよう

 

通販を利用してオリジナルの紙袋を作る時は、材料となる紙や紐の種類を理解しておきましょう。

紙の袋の材料には、コート紙や晒クラフト紙、カラー用紙などが使われます。

コート紙は表面をラミネート加工した紙で、光沢があって高級感があるので、アパレル商品やギフト用品などに多く使われます。

晒クラフト紙は、ラミネート加工を施さなくても使えるくらいの強度を持った紙です。

お菓子などを入れる袋の材料としてよく使われますが、オフセット印刷との適性は良いとはいえません。

カラー用紙は、カラーフィルムをコート紙に張り合わせた紙で、色鮮やかな紙の袋が作れます。

それぞれの紙は厚さを選べるので、入れるものや用途に応じた袋を作ることが可能です。

 

袋に使う紐については、ハッピーグリップやスピンドル、平紐やPP紐などの種類があります。

ハッピーグリップは樹脂成形した袋用の紐で、持ちやすくさまざまな色が選べるのが特徴です。

スピンドルは感触が心地良い糸を編んで作った紐で、袋のサイズなどに応じて太さが変えられます。

平紐は布を材料とした紐で、PP紐はポリプロピレンを使った紐です。

材料となる紙や紐の種類、色、サイズなどを組み合わせることで、今までにない紙の袋を作ることができます。

 

さらに、紐を通す箇所を補強するハトメ、キラキラとした装飾を施す箔押し、立体的な表現をする浮き出しなどの加工方法があることも覚えておきましょう。

紙袋の制作者に相談したり説明したりしてもらうこともできますが、事前にある程度の予備知識を持っていた方が、より独自色の強い個性的な袋を作るのに役立ちます。

紙の袋を通信販売で発注する前に、材料の種類や特徴などを調べておきましょう。

 

 

 

紙の袋を通信販売で注文する時の注意点

 

紙袋のサイズは、幅やマチ、高さを指定して発注します。

幅35センチ、マチ22センチ、高さ45センチのBLHサイズや、幅35センチ、マチ22センチ、高さ35センチのBLSサイズなどの決められたサイズで発注することもできますし、幅やマチ、高さの具体的なサイズを指定することも可能です。

入れるものよりも5センチ程度大きい方が中から取り出しやすくなりますが、縦に入れるか横に入れるかなども考慮する必要があります。

 

紙袋へ印刷する色の指定は、1色、2色、4色、1色ベタ塗りなどがあり、袋の全面だけに印刷するだけではなく、その他の箇所にも印刷できるので、裏表でデザインが違う袋や内部に印刷された袋も制作することが可能です。

 

もしも、データやネットでのやり取りだけでだけではなく、大量に袋を作る前に実物を確認したい時は、サンプルを送ってもらうと良いでしょう。

サンプルを作るのにも金型が必要となるので、料金を支払うことになりますが、一度サンプルを手に取って確認しておけば、考えていたのとは違う袋が大量で作られる事態を避けられます。

 

このように、通販を利用すれば、手軽にオリジナルの紙袋が作れます。

希望する内容の紙袋が作れるように、紙袋を作った経験がない人にも丁寧なサポートが行われるので、出来合いの紙の袋で満足できない時は、インターネットなどで発注できる通信販売の紙袋制作会社を利用しましょう。

豆知識一覧に戻る