結婚式にも使われるクオリティの高い紙袋製作を低価格でご提供!

紙袋に関する知識、お届けします。

紙袋豆知識

紙袋豆知識の画像
2017.09.26

ブライダルの引き出物用の紙袋はオーダーメイドが得である理由

式場準備の引き出物用袋は結構高い?

 

結婚式の披露宴からの帰りと一目でわかる理由、それは服装だけでなく、手に持っている紙袋です。

ホテルのロゴが入った同じブライダルバッグを提げたグループがいると、すぐに分かります。引き出物を持ち帰るための袋として昔からなじみのあるものですが、それだけでなく座席に着席した後に、席次表を入れたり、お花を入れたりと、結婚式の思い出が一つに詰まった大切な袋となります。

 

結婚することが決まると、さまざまな準備に追われる毎日を過ごさなくてはなりません。

招待客リストの作成や招待状の発送、新婚旅行や新居の準備など、バタバタと日々が過ぎていくことでしょう。

招待客に持ち帰ってもらう引き出物選びもなかなか骨が折れる作業となりますが、引き出物を入れる袋まで考えているでしょうか。

もちろん、ホテルや専門式場で披露宴をする場合には、パック料金やオプション料金として会場が準備してくれるものがあります。

 

今でこそさまざまなカラーやデザインがある物が増えましたが、昔は白袋が定番でした。

現在は、企業の宣伝効果も兼ねているため、式場のロゴマークやネームが入ったものがほとんどです。

決して侮れないのがその料金です。明細で確認をすると、ペーパーアイテムの一つとして結構な料金がかかっていることが分かります。

 

そして、ほとんどの場合、持ち手の長さが短く、持ちにくいのが特徴となっています。

重量のある引き出物を入れても破れることがないように、しっかりとしたつくりにはなっていますが、持ち運びするのには不便を感じることがあります。

二次会への移動などでどうしても持ち歩かなくてはならないことも多いため、招待客に負担をかけることにもなってしまいます。

 

 

 

オーダーメイドで準備するメリットとは

 

結婚式の引き出物用の袋は、無料配布されているわけではないため、どうせ費用をかけるのであれば、式場が準備したものではなく、二人がデザインやカラーを選んだオリジナルのものをブライダルバッグとして活用したいところです。

一般的に式場が準備する紙袋は、種類があまりなく、重量のある大きな引き出物を入れることを考慮して作成されているものです。

オリジナルで作成をすれば、高さやマチ、幅などを選ぶことができるため、二人が選んだ引き出物にピッタリのサイズで、ゲストにも負担をかけることのないものを準備することができます。

 

袋の表面にエンボス加工などを施してプレミアム感を演出することもできるため、二人のゲストに対するおもてなしの心を反映することができます。

オリジナルであれば、ロゴやネームで式場を特定されることもなく、持ち歩かなければならないゲストも気にすることがないでしょう。

 

招待客の数だけ引き出物用の袋が必要となるため、式場に準備してもらうと出費がかさみます。

まとめてオーダーすることで安く抑えることができるオーダーメイドの袋は、二人の意向を反映できるだけでなく、大きな節約にもなるのです。

式場に事前に持ち込んで依頼をすれば、スタッフがその袋に引き出物を入れて準備を整えてくれるので、心配する必要もありません。

リーズナブルな料金であっても、高級感のあるつくりがしっかりとした袋を作成することができ、ゲストに安っぽく見られることもないでしょう。

一生に一度の結婚式だからこそ、二人でデザインを考えた袋をゲストに持ち帰ってもらうことをおすすめします。

 

 

 

リサイクルしたくなるブライダルバッグ

 

引き出物用として持ち帰ったブライダル用の紙袋を、ゲストの皆さんは、その後どのように処理しているのでしょうか。

コンパクトに畳んで放置したままの方もいるでしょうが、ほとんどの方はリサイクルして利用しているようです。

厚手で持ち手がしっかりしているもの、底板もあってある程度の重量に耐えられるもの、派手な色ではなく使い勝手がいいもの、そんな条件を満たしてくれるものであれば、便利な袋として何度も使用することができ、エコの一環としても役に立ちます。

 

しっかりとした素材を使用していれば、口の部分を内側に折り込んで、引き出しやカゴ、カラーボックスなどに入れて間仕切りができる収納ケースとしても使用することができます。

また、そのまま大容量ボックスとして、洗濯物を入れたり、ミネラルウォーターを並べたりすることもできます。

 

専門業者の中には、最低30枚からオーダーが可能なところもあるため、100枚単位で発注して無駄にしてしまうこともありません。

デザインについても提案してくれた中から選ぶことができ、サイズも引き出物のサイズに合わせて選ぶことが可能です。

2週間ほどで作成することが可能なので、引き出物を決めてからでも十分間に合います。

 

また、本格的な作成に入る前にサンプルを取り寄せて実物を確認できると、事前チェックにより安心できるでしょう。

見積もりやオーダーがオンラインで簡単にできるところもあり、結婚式の準備でバタバタしている時でも、少し空いた時間を有効利用して簡単にオーダーすることができます。

リサイクルしてもらえることまで考えた二人だけのオリジナル袋を作成してみてはいかがでしょうか。

豆知識一覧に戻る