今回は本(BOOK)のお話です。

2017.06.01

13年前に購入して、思い出したように手にする本があります。

内容はアイデアを導き出すための道案内や心がまえのお話なんですけど 今でも色あせないんですね~

本のタイトルは「アイデアのヒント」という単行本です。
特に「質問を変えてみよう」、「笑われることを恐れるな」がお気に入りなんですが…

「アイデアとは却下されるもので、新たな方向性へのスタートライン」と思うと気が楽になるのは請け合いです。
日々のアイデア出しや紙袋のデザインに行き詰まった時など読んでみられてはいかがでしょうか?
「ピピッ」きたら、一度本屋さんをのぞいてみてくださいね。