紙袋のロゴ印刷はプロに任せよう

2019.05.15

紙袋にロゴを印刷する理由

何かものを買った時や資料を配られた時など、商品は紙袋の中に入っていることが多いです。もちろん、中身によってはビニール素材の袋であったり、持ち手がないような簡略化された袋をもらったりすることもあります。 商品の内容や大きさによって袋を使い分けているお店や会社もありますが、圧倒的に紙袋を使っているところが多いです。その理由は、持ち手がしっかりしていて、素材によってはかなり耐久性が高いうえ、オリジナル性やデザイン性も高いからです。お店や会社の紙袋を見てみると、必ずと言っても良いくらい自社のロゴやマークが印字されており、これこそが一つのマーケティングと言われています。 どんな大きさや素材の紙袋を持っていても人目に付きますし、自分自身も人が持っている紙袋を見て、どこのものだろうと疑問に思ったり、あのブランドのものだと反射的に考えてしまったりすることもあるでしょう。もちろん、人のことなんて全く見ない、興味がないという人もいるかもしれませんが、人の持ち物というのは意外と目につくものです。ですから、当然ロゴやマークが印字されていたら、広告宣伝効果が期待できますし、不特定多数の人に見られることになるので、その宣伝効果は非常に高いでしょう。 しかし、ロゴが主張しすぎる印刷の仕方だと上品とは言えず、明らかに宣伝していると見られてしまうため、おすすめできません。適度な大きさやデザインで紙袋とのバランスが取れているロゴやマークの印刷が、ショップ袋としての価値を高めると考えられます。ロゴの印刷をせずに無地の紙袋である場合は、宣伝効果は期待できません。

自分で印刷するデメリット

ショップ袋にはこだわりを持ったお店や会社が多いですが、紙袋の用途には様々なものがあります。例えば、アパレルメーカーでは買った洋服を入れるために使いますし、会社説明会では配った資料を入れるために使用します。様々な目的やシーンで使われる紙袋ですが、実際自分で用意するとなるとかなり骨が折れる作業となります。 無地の紙袋は100円ショップなどでも売られていますが、それではブランドの価値やオリジナル性が生まれないので、そこにロゴやマークを印刷する必要があります。自分で作成しようとする場合、自宅のプリンターを使う方法もあるのですが、実はこの方法には大きなデメリットが存在します。 紙袋の大きさにもよりますが、そもそもプリンターに入るのかどうかという点です。紙袋自体が大きいとプリンターに入れることすら難しいうえ、分厚い素材だと印刷するのはかなり困難です。例えば、ハンドメイドを行う際にアクセサリーを入れるくらいの大きさであれば、印刷可能かもしれませんが、大きいものや分厚いものに印字を行うのはかなり高度なテクニックが必要です。 プリンターで印刷するのが難しければ、オリジナルのハンコを作って1つずつ押していくという方法もあります。しかしハンコを作るのに時間がかかりますし、膨大な量の紙袋にハンコを押す作業というのはかなり大変です。しかも、スタンプではぐに乾かないうえ、にじみやすく、水に弱いという難点もあります。こうした点を踏まえると、やはりオリジナルの紙袋を作る場合はプロに依頼した方が印刷も綺麗に仕上げてくれるのでおすすめです。

ロゴの印刷はプロに依頼するのがおすすめ

自分でオリジナルの紙袋を作成するというのは楽しいですし、それによって商品の価値が上がったり、人に覚えてもらいやすかったりするとなれば、作る意味を見いだすことができます。しかし、ロゴやマークを印字する技術に関しては、自宅のプリンターでは厳しいの一言に尽きます。いくら高性能なプリンターを持っていたとしても、やはり業務用やプロが使うものには勝てませんし、紙袋は自分で用意できても、ロゴを入れるのに苦戦している人もいます。 専門の業者では、一つ一つ紙の素材、取っ手の有り無しなどを選ぶことができ、その上独自のロゴやマークを高性能なプリンターを使って印刷することが可能です。印字が美しいと、紙袋全体のシルエットが綺麗に見えますし、パッと見た時にどこのものだろうと反射的に考える人も増えます。それくらいロゴ印刷はとても重要な役割を果たしているのです。 確かに自分で行えば、手間や技術を必要とする分コストはかからないので、ハンドメイドの発送や販売を行う程度の大きさ、紙質であれば問題はないでしょう。しかし、結婚式場や高級ショップ、ブランドショップなどに使おうと思っている場合は、自分で印刷してしまうと手作り感が出すぎてしまい、チープなイメージを持たれてしまう可能性もあります。 プロに依頼すればロゴだけではなく名入れをすることもできるので、世界に一つだけのオリジナルの紙袋が完成します。注文すればするほど安くなったり、小ロットから注文もできたりするので、すぐに欲しいという人でも安心して注文することができます。

 

紙袋のことなら紙袋.comにお任せください。