オリジナル紙袋のメリットと作成依頼の方法

2019.05.15

オリジナルショップ袋の必要性

アパレルショップや雑貨屋では、ショップ袋と呼ばれる袋を用意しているお店が多くなっています。ショップ袋の素材は、アパレルショップである場合は紙がほとんどで、大きめの雑貨や重い雑貨を売っているところもまれに紙を使っている場合があります。小物やかさばらないものを売っているお店ではビニール素材の袋を使っていることがよくありますが、紙袋の方が見た目がおしゃれですし、耐久性が高いので人気を集めています。 また、持つ人からすると取っ手が持ちやすく、長く持っていても疲れにくいのは紙袋でしょう。ただし、雨や水にぬれてしまうと破れやすいので、そういった場合は上からビニール袋や雨よけの袋をかぶせる必要があります。ぬれると困る洋服や高価なものなどを入れる際は、ビニール袋を上からかけてくれる場合が多いです。 ショップ袋は、お店を象徴する顔とも言えるものなので、こだわって作っているところも数多く存在します。ショップ袋にこだわりを持っていると、そのお店のイメージをプラスに導いたり、商品の価値を高くしたりする効果が得られるので、どこのお店もオリジナル性の高い、お店のイメージに合ったものを試行錯誤して考えています。 こうした観点により、オリジナル性の高いものでかつ実用的な袋が多くのショップで愛用されています。買ったものやもらったものを自宅に持ち帰ったあと、さらに別の目的で再利用することもあります。

オリジナル紙袋を使うメリット

ショップ袋をオリジナルで作成する場合、どのような色、デザイン、素材を選ぶかによって雰囲気が一変するので、しっかりと考える必要があります。

お店の宣伝になる

オリジナルの紙袋を使うことで、お店の良い印象を引き出すアイテムの一つとなるため、重要視して作らなければなりません。 そして、オリジナル紙袋を使うメリットとして一番に挙げられるのが、お店の宣伝になるという点です。大きくても小さくてもお店のロゴやマークを入れるところは多いですが、それは大きな宣伝効果があるからです。その袋を持って歩いている人に自然と宣伝してもらえるというメリットが存在します。 もちろんロゴやショップ名を入れていないお店もありますし、ロゴの大きさなどによっては人目につきにくいこともあるかもしれませんが、個性的なデザインであったり、目に留まりやすいデザインであったりした場合、自然と認知度が高くなります。街中で歩く人を眺めたり電車の中で目の前に人が立ったりしたとき、他人が持つ物に関して、無意識でも視界に入ることがよくあります。オリジナルの袋をお客さんに持ってもらうことで、自然と不特定多数の人に自分のお店の名前を見てもらえることになり、宣伝効果にもつながります。

紙袋の中身(商品)も価値が上がる

お店の商品を買ったときに紙袋のデザインがすてきだったりおしゃれなものだったりすると、喜ぶお客さんは多くいます。お店や商品のイメージにぴったりであればさらに好印象になるので、お店のイメージやコンセプトに合った紙袋を作成することは有効です。どんな紙袋を作るかによって、お店のイメージが変わることも考えられます。商品を入れるという目的だけではなく、お店のイメージアップも図れると考えて良いでしょう。

オリジナル紙袋をお店に依頼する手順とポイント

オリジナルの紙袋にこだわっている人やお店は多く、最近多くの方が行っているハンドメイド作品に関しても、あえて自分だけのオリジナルの袋をつける方が多くいます。普通のビニール袋よりも断然オリジナルのものの方が目を引きやすいですし、買い手の印象にも残りやすくなります。スイーツやレディースアパレルメーカー、ハイブランドの袋に関しては、あえてサブバッグとして使う方もいるほどの位置付けになっています。

オリジナル紙袋を作るならプロに依頼しよう

他にはない世界に一つだけのショップ袋を作ろうと思ったら、やはりプロに依頼するのが一番良い方法です。自分で一から作るのも愛着があるかもしれませんが、毎日たくさんの商品が売れますし、不特定多数の人に商品や資料を配る場合などは、一つ一つ手作りをしていてはとても間に合いません。 そこで、オリジナルのものを制作してくれる業者に依頼するのがおすすめです。業者の多くで自分の好みに合わせた紙質、取っ手、色などを細かく選ぶことができるようになっています。自分のお店だけのオリジナル紙袋を、自由自在に作ることが可能です。 これからオリジナルの袋を作ろうと思っている方は、どのように依頼するかポイントを押さえておくと安心です。まず、どういった紙質や取っ手の種類、色があるのか調べておいて、自分のお店や提供するサービスにはどれが合いそうか熟考しましょう。他のお店のものを参考にしたり、インターネットに載っているデザイン案を見たりしても、アイデアが湧いてきます。 次に、売る商品や使い勝手を考えて、大きさや形を決めていきます。ある程度のデザイン案や仕上がりイメージができた時点でプロに依頼するとスムーズに作成が進むため、納期も早まり、すぐに納品してもらえる可能性が高くなります。

 

オリジナル紙袋を製作するなら紙袋.comにお任せください