紙袋の取っ手の種類とおすすめ

2019.05.15

紙袋はお店の顔

紙袋は、様々な種類があります。ただ物を入れるもの、持ち運ぶものとして考えている人も多いですが、実際には紙袋一つで印象が大きく変わります。シーンや雰囲気に合わせて適切なものを用意することは非常に重要です。例えば、アパレルショップなのにシンプルすぎる場合は、人の記憶に残りにくいのでせっかくの宣伝ツールを活用しきれていません。結婚式の引き出物を入れるのに安っぽかったり、薄い紙でできていたり、耐久性が弱いと結婚式の豪華な高級感あふれる印象が薄くなります。逆に、業務用スーパーや家電を入れる紙袋に高級感あふれるデザインだったり、上質紙を使う必要はないでしょう。このように、紙袋一つ変えるだけでお店のことがそれを見た人に伝わらなかったり、結婚式のように伝えたいイメージとは逆になってしまう恐れも多々あります。

紙袋はお店の雰囲気に合わせて作成しましょう

紙袋は、お店やサービスの顔とも言えるものなので、お店のサービス内容や雰囲気に合わせたものを選ぶのが重要です。使う紙、取っ手、ホットスタンプなど紙袋を構成する様々なパーツを1つ1つ組み合わせることで、オリジナル性の高い素敵な商品ができます。 どこのお店にもありそうな紙袋や、どこかのお店と似たものになってしまうことは珍しくありません。しかし素材やデザインが全く同じであるケースは珍しく、大抵の場合、お店のロゴを入れるなどして、他のお店と差異化をはかっているところが多いです。オリジナル性を高めるのであれば、商品やサービスの価値を最大限に活かせるような、デザインや素材で作ることはとても重要ですし、ロゴを入れたり、他のお店にはないようなこだわりを入れるとなお良いです。

取っ手の種類と特徴

紙袋と言っても、紙だけでできていることは少なく、構成するパーツはいくつかに分かれています。例えば取っ手ですが、少し変えるだけで紙袋のイメージそのものを大きく変えられます。オリジナル性の高い商品を作ろうと思っている方は、取っ手についても大切なパーツとしてしっかりと考えて選びましょう。

取っ手にも様々な種類がある

取っ手には様々な種類がありますが、代表的なのが資料を入れたり、記念品やギフトを入れたりする際に使われるプラスチック製のものです。プラスチック製のものにも、凹凸があるものとないものがありますが、凹凸部分を噛み合わせることによって、紙袋を閉じることができるので、雨よけや中身を見られるのを防ぐことができます。とても丈夫なので、かさばるものや大量の紙を入れる際に適しています。ただ、とてもシンプルで人工的な印象なので、おしゃれとは言い難いです。

一番多く使われているスピンドル

一番多く使われていると言っても過言ではないのが、スピンドルです。アクリルでできており、程よい柔らかさがあるので持ちやすく、手が痛くならないので、長時間荷物を持つことが可能です。糸を編んで作られているので、高級感と共に温かみも演出することができます。同じアクリル性でできているのが平紐ですが、幅が広いため存在感が大きいです。 値段が安く丈夫な素材と言えば、ポリプロピレンを使ったものですが、PPスピンドルは、水に濡れても強度が変わらないので、持ち運びに便利です。光沢感や高級感を演出したい場合は、シルクのような肌触りのPPツイストがおすすめです。可愛らしさや存在感を一番に考えるのであれば、サテンやグログランといった素材を使ったリボンが印象的でよく使われています。 取っ手の存在感としては薄くなってしまいますが、とてもシンプルで軽いものを入れるのに適している小判抜きも主にビジネスシーンで多く使われています。

取っ手で活用シーンが決まる

紙袋には紙や取っ手など様々なバリエーションがあるので、どういったものを選ぶか、どんな組み合わせにするかによって、大きく印象が変わることがあります。

取っ手を使う場面に合わせることも重要

取っ手の種類によって使われるシーンが決まってきます。プラスチック製のものは強度があるため、会社説明会や会議、物件資料など、主に紙を多く入れるシーンで活躍しています。 スピンドルや平紐は、雑貨屋やアパレルショップでよく見かけます。こちらも強い素材なので、ある程度重量があるものを入れても大丈夫ですし、見た目にもおしゃれで本体の邪魔をしないのが魅力です。PPスピンドルやPPツイストは、少し単価が高い物を売っているお店やワインショップ、ジュエリーショップなどでよく使われています。リボンをよく使うのはレディースアパレルメーカーですが、結婚式や特別なイベントの際にもインパクトを出すために使われることがあります。 取っ手をあえて付けずにくり抜いただけの小判抜きは、比較的簡易包装で良いものを入れる時に使われます。オリジナル性の高い紙袋を作るためには、素材選び、適切なデザインや色の指定が必要不可欠です。 オリジナルの紙袋を作成できる業者に依頼すると様々なタイプの紙袋を作ることが可能です。取っ手一つから選ぶことができるので、お店やシーンにも合ったものを作成できます。

 

取っ手も選べるオリジナル紙袋の作成はこちら